雑記

所さんの目がテン・冷凍

投稿日:2013-04-01 更新日:

この前の所さんの目がテンは「冷凍」の科学でした。

冷凍したものを美味しく食べるコツを紹介。

【冷凍焼け】
冷凍庫内は乾燥しているため、食材から水分が抜けてしまうこと。
パックごと冷凍してはダメ!必ずラップで食材をピッタリと包み空気に触れさせないことが大事!

【加熱調理後に冷凍】
食材の中には酵素がある。酵素は食材の味を悪くしたり食感を悪くする。
そこで加熱調理をすることで酵素の働きを弱くすることができる。

注意!野菜やコンニャクなど水分の多い食材は味が劣化する。水分が抜けて味がスカスカになるみたいです。

【急速凍結】
業務用の冷凍庫は-50℃。家庭の冷凍庫だと-1℃~-5℃。この温度帯だと氷が大きく出来てしまうため細胞が壊れドリップが出てしまう。
そこで、急速凍結をすることで30分以内に-1℃~-5℃の温度帯を抜ければ氷も小さく細胞も壊れにくくなる。

【素早く解凍】
解凍も凍結と同じで-1℃~-5℃の温度帯を早く抜けることが大事。
自然解凍や冷蔵庫解凍だと食材は空気から熱をもらうため、空気の熱伝導率が低い=解凍が遅い。

ならば、熱伝導が高いものが近くにあればより早く解凍ができることになる。

そこで調べたところ、熱伝導率が空気の10万倍もある物質を発見!
それは…

ダイヤモンド!

これはすごかったです。
手の熱がダイヤモンドに伝わり瞬時に氷を溶かしてました。

でも簡単にダイヤモンドなんて手に入らなないので身近にあるもので代用。
それは…

アルミホイル!

ダイヤモンドほどではないにしろ熱伝導率は空気の1万倍はあるそうです。
アルミホイルで食材を包むことで解凍が30分短縮できました!

と、レポートはこんなとこです。
いや~ダイヤってすごい(*_*)

ゆうた

-雑記

Copyright© 「勇唄〜ゆうた〜」 , 2018 All Rights Reserved.