仕事

狂った時間、短針に翻弄される指圧師!

投稿日:2017-07-26 更新日:

狂った時間、短針に翻弄される指圧師!_20170726_1

落とした時間。
それはもう戻らない…。

 

by ユウタ・ブロッサム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

朝に掃除をしていた時だった。
勇唄は油断していた。

 

過ちを犯すことは誰にでもあること。
しかし、それも度が過ぎれば尋常ではない後悔と、ただならぬ不安となって自分に襲いかかる。

 

そう、置き時計を落としてしまったのだ。

 

けたたましい音を立て時計の蓋が外れた。
一瞬の気の緩みだった。

 

すぐに修復を試みた。しかし、直らなかった。
秒針はチクタクと時を刻むが短針だけ微妙にズレている。
何かが…おかしい。

 

もう、手遅れだった。

 

勇唄はヨドバシカメラに向かい修理ができないものか、お願いした。
しかしダメだった。

 

仕方ない。
買うか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

勇唄は前を向いて歩き始めた。
失った時間を取り戻し、先へ進む指圧師。

 

歩きながら空を見た。
雲の切れ間から夕日の光が差し込み勇唄の顔を優しく照らした。

 

少し気分が晴れた。

-仕事

Copyright© 「勇唄〜ゆうた〜」 , 2017 All Rights Reserved.