仕事

棚板を作ってサーキュレーターを移動させました。

投稿日:

あまりにも静か過ぎるお店ってちょっと自分は嫌です。なんだか気を使って逆に疲れちゃう。

静かな時に意外と気になるのが施術中の物音。これを少しでも紛らわせられればと考えました。

小一時間考えた結果…
「逆に店内を五月蝿くすればいいんじゃないか?」という事に気づきました(笑)

自分のイメージ的には『木は森に隠す』ということわざに近いです。

お客さんが長い時間、施術中で取っている体勢ってうつむきなんですよね。

すなわち、お客さんの頭付近に置いて、サーキュレーターの本来の機能であるエアコンの風を攪拌しつつ、施術中の物音を紛らわせたいと思います。

では早速、棚板を作っていきましょう!

このまっさらな壁に棚板を作ります。ガムテープで位置合わせ。

まずは穴あけ。

棚受けを付けていきます。最初は普通のドライバーを使っていましたが、インパクトドライバーに切り替えたらめっちゃ便利になりました(^O^)

次に、棚板を取り付け!

なんとか完成!

サーキュレーターを乗せてみました。

うるさ過ぎず静か過ぎず。程よく施術中の物音が紛れたように思います^ ^

勇唄

-仕事

Copyright© 「勇唄〜ゆうた〜」 , 2017 All Rights Reserved.