GReeeeN

GReeeeN全曲解説2(あっ、ども。おひさしぶりです。)

投稿日:2014-01-01 更新日:

あっ、ども。おひさしぶりです。

さて、続いて2ndアルバムの全曲解説です。
「あっ、ども。おひさしぶりです。」

あっ、ども。おひさしぶりです。

1.SUN SHINE!!!
元気が出る曲です。

放課後の夕方、友達と毎日のように遊んでいたあの日。朝日がサンサンと降り注ぐ中、風を切りながら自転車で坂道を下っていく。

そんな光景が頭に浮かんで爽やかな気分になります。

2.またね。
昔の恋人と別れて何年かたったある日、一通の手紙がポストに届いていた。なにかなと思ってみたら「結婚しました」と未来の旦那さんと笑顔で映る以前の彼女。

でも僕は祝福するよ。

辛い別れの歌詞だけど、曲調が明るくて幸せな気分に浸れる曲です。

これはサビがnaviメインで歌ってます。
naviが歌うと優しい響きの歌声になりますね。

3.キセキ
これはもう超超超大ヒット曲です!これを聞かずしてなにを聞くってくらいGReeeeNの代名詞たる代表曲ですね。GReeeeN=キセキといってもいいくらい。

大事な人と夜空に浮かんだ流れ星を目の当たりにしたとき「キセキ」が起こる。

これはPVを是非見て欲しいですね。手を繋ぐシーンは心が通ったみたいで嬉しい気持ちになります。

4.君想い
「君」という言葉が何回も出てくるほど恋人への想いが深いんです!

女性ボーカルも交えてハーモニーが心地よい。サビはHIDEからnaviに変わるとこなんてとてもキレイな声で繋いでくれてます。

5.人
「人は皆、それぞれに思いを抱えて、だけど今は別々の道を歩んでいく」

確かに人間色んな人がいるからこそ、その考え方も多種多様なんですよね。

常に自分らしくあれ!GReeeeNの熱いメッセージが込められた曲です。

6.サヨナラから始めよう
自分的にはこの曲がアルバムで一番好きな曲です。

ほんとは辛いけど…ずっと話し合って、とうとう別れ話をする二人。

「ありがとう、私ずっと幸せでした。」

でも終わりじゃない。ここからがスタートなんだよ。とGReeeeNに教えられた気がします。

7.地球号
AメロBメロが低音ボイスのSOHがリズミカルに歌い上げてます。

肩の力を抜いて気楽に生きて行こうよ。明日もいいことあるから。

POPで聞きやすいです。

8.旅立ち
これも別れの曲です。でもこの曲はお互いがまだ付き合ってて遠くにいってしまうだけなので気持ち的にはすがすがしいです。

遠くへ行ってしまうあなたへ書いた手紙、読んでくれるかな。

9.no more war
GReeeeNにしては珍しく戦争について歌った曲です。

方や紛争で罪のない人が殺され、方やその光景をテレビでボーッと見てる人がいる。

人間はどうして争い傷つけ合うのだろう?

「確かなことはこの星に生まれ、君と僕は少し『場所』が違うだけ。」

心にグサっと刺さるような歌詞です。

10.BE FREE
市原隼人君主演の映画主題歌にもなりましたね。どことなく儚いような歌詞が好きです。

ちなみにこの曲はGReeeeNのインディーズ時代に出した曲で、メロディや少し歌詞もアレンジされてます。どっちも最高!

11.ボヨン科ボヨヨン歌 ~愉快な大人達~ feat. 2BACKKA & ユナイトバス
タイトル通りおバカな曲って感じです。できればGReeeeNと2BACKKA・ユナイトバスが掛け合ったりしてくれたら面白かったかなと思います、

GReeeeNってfeatするんですね。当時はビックリしたのを覚えています。

12.涙空
アルバム最後の曲。

涙はその時だけじゃなく、未来に繋がってるんだよというGReeeeNの熱い想いを感じました。

とても聴きやすく歌いやすい。カラオケでもよく歌います。


今回のアルバムは別れの曲が多いですね。GReeeeNのメンバーは失恋でもしたのでしょうか(笑)

やっぱりなんといってもこのアルバムは『キセキ』が入ってることですね!これに尽きます!

GReeeeNはほんと作曲センスが良いです。いっぱい良い曲が多くて次のアルバムも期待しちゃいますね^_^

-GReeeeN

Copyright© 「勇唄〜ゆうた〜」 , 2017 All Rights Reserved.