ブログとか

Adobe製品のクロスアップグレードをしました

投稿日:2014-01-08 更新日:

Windows→Macへのクロスアップグレード

今まで使っていたAdobeのCS5をCS6にアップグレードしました。

今まではBootCampというツールでWindowsに切り替えてからDreamweaverやPhotoshopを使っていました。

しかし今回、思い切ってWindowsからMacへの移動、さらにCS5からCS6へのアップグレードを行いました。

それはなぜか?

理由は2つ、

1.何度もMac→Windowsへ切り替えるのが面倒になってきた

これが一番の理由。半年ほど使ってMac OS Xの便利さがわかった今、あまりWindowsを使うこともなくなりました。

しかし、チラシを作ったりホームページを更新したりするたびに一々MacからWindowsへ切り替えをするのが苦痛で仕方なかったです。

仮想ソフトを使ってMac側でWindowsを開くこともできるようなんですが、Adobe製品ってもともと【Macを基準にして作られた】そうでして、それならMacのOSでフォトショとか使ったらWindowsなんかよりめちゃくちゃ作業が捗るんじゃないかと思ったわけです。

2.Macbookのキーボード操作が使いにくい

以前はWindowsパソコンを使っていてMacとWindowsを使い分けるということはしたことありませんでした。

しかし今はMacユーザー。もうどっぷりマカー人間です(笑)

そうなるとたま〜にしか使わないWindowsを使うとめちゃくちゃキーボード操作が混乱する!

例えば、コピーってMacだとCommand+Cですが、WindowsだとCtrl+Cなんです。

Macに慣れているせいで、当然Command+Cを押しちゃう。あれ?コピーできない。あ、違った。てのが何度も起こり非常に煩わしい。

Adobeに電話しました。

クロスアップグレードは電話受付のみの対応らしく、私の場合、Windowsアカデミック版Web Premium CS5.5からMac版Design & Web Premium CS6へのクロスアップグレード。値段は47000円でした。

まあ、普通に買うと何十万もしますからね。あの苦労をしないで済むなら安いもんです。

そういえばAdobeの買い切り製品はこのCS6で終わりと言っていました。これからはCreative Cloudで月額料金のみの取扱いらしいです。

これもAdobeの罠ですね。この月額制。一見安く見えるけど、何年も使っていくと超割高になります。なんせ、全てのソフトが使えるといっても、実際使うソフトなんて2.3種類ってとこでしょう。

結論
私はこのCS6で充分です。
今はですけど。

ゆうた

-ブログとか

Copyright© 「勇唄〜ゆうた〜」 , 2017 All Rights Reserved.